平成26年度 大田区立御園中学校 学校経営方針  学校長 笛木 啓介 bookmark

◎教育目標
 人間尊重の精神を基本とし、自主的・意欲的に行動できる人間性豊かな生徒の育成を目指し、一人一人の可能性を限りなく伸ばしていく教育を推進する。

  • 自他を尊重する生徒を育てる。
  • 進んで学ぶ生徒を育てる。
  • 身を鍛える生徒を育てる。
  • 社会に貢献する生徒を育てる。

◎目指す学校像

  • 《生徒が学んでよかっといえる学校》
  • 《保護者・地域社会の信託に応える学校》
  • 《教職員の総意と協力を基盤とする学校》

「おおた教育振興プラン」の視点で、本校の教育活動を見直す。

  • 6つのアクション
    1. 学力向上
    2. 豊かな心を育む
    3. 体力向上
    4. 教育環境の向上
    5. 家庭・地域の教育力の向上
    6. 地域力の育成 
  • 学校支援地域本部「みその学校サポート」との連携
  • あじさい校区 小学校・地域との連携
  • <教科指導等>
    学校教育の基盤は教科指導であり、授業の充実こそが教師が果たすべき第一の責務であることを再確認する。使い古された言葉ではあるが、「教師は授業で勝負する。」、この言葉を常に念頭に置き、授業を通じて学力の定着を図るための指導方法及び指導内容の改善に努める。
    • 日々の授業改善に努め、個に応じた指導を充実させる。
  • <安全で安心な学校づくり>
    生徒が安心して生活できる学校環境づくりを心がけ、施設・設備の充実を図るとともに、危機管理には細心の注意をはらう。また、かけがえのない自他の生命を大切にし、健康や安全に対する意識や態度を養い、心身ともに健康でたくましい生徒の育成に努める。
    • 給食に関するアレルギー対応等、生徒の状況を確実に理解した上での丁寧な対応。
  • <学級・学年経営の充実>
    学級・学年は学校組織体の基本的単位である。学級・学年の充実こそが生徒にとっての学校生活の充実につながる。学級・学年経営を通し、生徒の御園中学校への帰属意識を一層高める。
    • 学年組織・学校組織全体で生徒指導に取り組む。
    • いじめを受けた等の訴えや、不登校生徒へは親切・丁寧・迅速に対応する。
    • 特別な支援を要する生徒に関する情報を、全職員で共有できる体制作りを行う。
  • <道徳教育>
    規範意識の低下や自他の生命をおろそかにする風潮が社会問題化している。学校の全教育活動を通じて道徳教育を進める中で、道徳の授業を要とし、また、地域行事への参加やボランティア活動等の体験的活動等を地域の教育力を最大限に活用して行い、生徒一人一人が地域社会の一員として必要な、社会性や規範意識を身に付けられるよう実践を重ねる。
    • 道徳の全体計画、年間指導計画に基づき、充実した道徳の授業の実践に努める。
    • 道徳授業地区公開講座を充実させ、保護者・地域とともに生徒の規範意識の向上に努める。
  • <特別活動>
    ◎学校行事
    生徒にとっては学校生活の要であり、学校への帰属意識を高める最良の機会である。学級・学年が協力し、生徒のための学校行事を創造する。
    • 生徒が感動体験を体感できる、生徒による生徒のための学校行事を実現させる。
    ◎生徒会活動
    生徒の自律的な活動を支援する。生徒会が自ら企画して地域行事への参加や地域ボランティア活動等に取り組めるよう支援体制を整える。
    ◎部活動
    学校行事とともに、部活動の活性化も生徒にとっての学校生活の充実につながり、学校への帰属意識を高める活動である。
    • 原則として、全教員が何らかの形で部活顧問に就き、指導にあたる。
    • 部活動の最終目標は、対外試合等における勝利ではなく、生徒の健全育成の一助であることを全教職員が共通認識し、指導にあたる。
    • 部活動外部指導員制度を有効に活用し、生徒に充実感や達成感を与えることのできる活動を行う。
  • <生活指導>
    生活指導の基本を「あいさつをする」「人の話を聞く」「時間を守る」「責任をもつ」「言葉遣いを正す」に置き、規律ある校風を創る。さらに、善悪の判断、社会的な規範意識等を育て、いじめや非行、暴力行為等を絶対に許さない学校文化を創る。
    • 情報交換を密にし、学年セクトに陥ることのない、全校一貫した指導を徹底させる。
    • 教育相談的な技法を身に付け、生徒への理解を深めることにより信頼関係の醸成を図る。
    • スクールカウンセラーの活用を図り、家庭や地域社会に向けて教育相談的指導の啓発を図る。
    • セーフティー教室や道徳授業地区公開講座等の機会や、PTA主催の各種研修会・講演会および、地域における防災活動への取り組み等、様々な場面をとらえて保護者・地域との連携・協働の取り組みを充実させることにより、生徒の社会性や規範意識の向上に努める。
  • <進路指導>
    生き方指導、キャリア教育としての進路指導を実践し、勤労の尊さを理解せる。また、データの蓄積に努め、それを基にした適切な進学指導を実施する。
    • 3年間を見とおした進路指導を計画的に行う。特に、職場体験学習等の体験学習を通して、自己の生き方への自覚を深め、将来への展望を図らせる。
    • 生きる喜びを育てるために、社会人から直接学ぶ機会を多く設定する。
    • 地域の教育力(ゲストティチャー等)を活用し、生きた進路指導を実践する。
    • 上級学校等に関する情報を、全学年の生徒・保護者向けに発信する。
  • <適正な予算の執行>
    健全な学校運営を実現するための予算編成を行う。また、年度計画に従って予算の執行が適正に行えるよう、学校予算の執行状況を定期的に確認する。

  • <服務の厳正>
    公務員に注がれる厳しい視線を意識するまでもなく、全体の奉仕者であることを常に念頭に置き、信用失墜行為の防止等に努める。また、御園中学校の教職員は、常に「親切・丁寧・迅速」な対応を心がける。さらに、若い世代の教職員の育成に全校体制で取り組む。

  • <総合的な学習の時間>
    総合的な学習の時間は全教員で指導にあたり、これまでに培ってきた方法や情報を生かし、地域等の教育力を生かしながら、指導方法の工夫・改善及び内容の充実に努める。

  • <特別支援教育>
    特別支援教育の充実を図り、特別支援教育コーディネーターを核とする校内委員会を中心に相談体制を整えるとともに、関係機関と連携しながら校内研修会等を実施する。

  • <食育>
    健康的な心身と豊かな人間性をはぐくむために、食に関する知識と選択する力を修得させる。また、学校における食に関する指導の全体計画を作成し、学校全体で食いくに取り組む。