教 育 目 標 bookmark

  1. 学校の教育目標
     人間尊重の精神を基本とし、自主的・意欲的に行動できる人間性豊かな生徒の育成を目指し、一人一人の可能性を限りなく伸ばしていく教育を推進する。

    1. 自他を尊重する生徒を育てる。
    2. 進んで学ぶ生徒を育てる。
    3. 心身を鍛える生徒を育てる。
    4. 社会に貢献する生徒を育てる。

  2. 学校の教育目標を達成するための基本方針
     人権尊重の精神を基盤とし、全教育活動を通して、生徒一人一人の能力・適性に応じた教育を推進し、国際社会に逞しく生きぬき、社会の変化に自発的に対応できる能力を育成するとともに、社会に貢献する精神と心のバリアフリーを育むことにより教育目標の具現化を目指す。 

    1. 各教科、道徳、特別活動等の教育活動を通して、望ましい人間関係や集団を築くとともに、自主・自立の精神を養い規範意識を高め、自他を尊重する豊かな心の育成を図る。
    2. ゆとりある教育活動を通して、基礎的・基本的内容の定着と、指導方法の改善に努めることにより、生涯にわたり学び続ける意欲・関心・態度の育成に努める。
    3. 問題解決的な学習を通して、自ら進んで課題を見つけ、学び、考え、判断し、行動し、そして、よりよく問題を解決する資質や能力を育てる。
    4. 総合的な学習の時間においては、教科間の横断的学習に取り組み、問題の解決や探究活動を主体的、創造的に取り組む態度を育て、自己の生き方を考えさせるとともに社会に貢献する態度を育てる。
    5. 少人数指導、習熟度に応じた指導を通して、一人一人の生徒の能力の向上を図る。
    6. 生徒の自治的な活動を通し、自らがよりよい学校生活をおくろうとする意欲と態度の育成を図る。
    7. キャリア教育においては、各種体験学習(福祉・職業・ボランティア)を通して、人間関係形成能力、意思決定能力を高める。
      ク、 自らの健康に関心をもち、進んで健康の保持・増進や体力の向上を図ろうとする態度を育成するとともに、正しい性知識を身につけさせるために、指導の充実を図る。
    8. 学校における事故や交通事故の防止に努めるとともに、地震や災害時における危機管理体制の整備を図り、安全に対する意識を常にもたせる。
    9. 日本の文化と伝統を大切にする態度の育成を図るとともに、諸外国の生活や文化への関心を深め、世界と日本のかかわりについて理解を深める
    10. 開かれた学校づくりを目指すために、保護者や地域、NPOとの連携をより密にし、教育活動を公開し、協議会等を設け、保護者・地域から学校評価を取り入れていく。

指 導 の 重 点 bookmark

  1. 各教科・道徳・特別活動

    1. 各教科
      1. 各学年、各教科等の内容の関連を図り、系統的・発展的な指導ができるようにする。
      2. 基礎・基本的な知識を学年ごとに反復学習させ、深化・補充教育を長期休業中に実施し、学力の向上を図る。
      3. 生きる力を育むことを目指し、自ら学び、自ら考える力の育成を図るとともに、個性を生かす教育の充実に努める。
      4. 各教科の指導にあたっては、学年の発達段階に応じ、基礎的・基本的な内容の確実な定着を図り、少人数指導・ティームティーチング等の指導形態を工夫し、学ぶ意欲をもたせる。
      5. 知識や技能を教えるだけでなく、生徒一人一人に自ら考えさせ、個性や能力を活かす授業を展開し、指導法と評価の工夫に努める。
      6. スピーチコンテストを通して、自己表現能力の向上を図る。
      7. 読書活動を通して言葉を学び、感性を磨き、表現力を高め、想像力を豊かにする。
      8. 各教科とも、ものづくりに関わる知識や技能の習得を図る。特に技術・家庭においては、ものづくりにも重点をおき、生徒の興味・関心や創造力を高めていく。
      9. 数学、漢字、英語等の検定を活用し、反復練習等の機会を作り基礎学力を高める。
      10. 小・中連携を強化し、中学1年生の段階のつまずきの解消を図る。

    2. 道 徳
      1. 教育活動全般を通して、豊かな心をもち思いやりの心や規範意識を育て、社会に貢献しようとする精神をもつ生徒を育成する。
      2. 生命を尊重し、互いに認め合い、明るく健康な心身の育成を図る心の教育を充実させ、心のバリアフリーを育成する。
      3. 道徳授業地域公開講座では様々な活動を通して、地域・保護者とともに偏見や差別を許さない態度を育て、人権尊重教育の理解と深化を図る。

    3. 特別活動
      1. 奉仕活動、ボランティア活動等を通して、共生及び自主・自立の心を養う。
      2. 運動会、文化祭等の伝統行事を通し連帯感・協調性・愛校心および情操を育てる。
      3. 日常生活や移動教室・修学旅行等の宿泊行事を通して、個と集団とのかかわり方と望ましい人間関係について学ばせ(人間関係形成能力)、豊かな心の育成に努める。
      4. 演劇などの総合的な表現活動等を通して学び人間としての生き方を育てる。
      5. 安全指導や避難訓練等の活動を通し、自他の生命の尊重と、健康・安全にする意識を育てる。
      6. 日本の伝統的な文化や芸能に親しませることにより自国の文化や伝統を重んじる態度や心を育てる。

    4. 総合的な学習の時間
      1. 「地域に学ぶ」「体験に学ぶ」「生き方を考える」を各学年のテーマとし、体験を生かした学習等や奉仕活動を重点的に行う中で、自ら課題を見つけ、自ら学び、主体的に判断し行動できる態度や社会に貢献しようとする意欲を育てるとともに、自らの生き方を考えさせる。            

  2. 生活指導・進路指導

    1. 生活指導
      1. 生徒会活動を通して、自主的・規律的な活動を推進する。
      2. 集団生活を通して、基本的生活習慣や規範意識を身につけさせる。
      3. 清掃活動を重視し、学校内外の美化に努めるとともに、奉仕の心を育てる。
      4. 校内の事故防止、校外での交通事故防止に努めるとともに、地震・災害への対処のしかた等、安全に対する自己管理意識を育てる。
      5. 豊かな人間関係を育むため、互いに人権を認め合い支え合うことを通し、自立性や社会性を養う。
      6. セーフティ教室を開き、生徒の防犯意識を高め、身の安全を図る積極的な態度を育成する。
      7. カウンセリングマインドを生かした指導を通し、生徒と教師との望ましい人間関係を育て、生徒理解を深める。
      8. スクールカウンセラーとの連携を密にし、学校の教育相談体制の充実を図る。
      9. 家庭や地域社会、関係諸機関との連携・協力を密にし、生徒の健全育成を図る。 

    2. 進路指導
      1. 職場訪問・職業体験等を通し、勤労観・職業感を育むとともに、生徒の進路希望に応じた教育を充実させる。
      2. 自己理解を深め、人間としての生き方について考え、将来への夢と希望をもたせる。
      3. 3年間を通して、計画的・組織的な指導を進め、将来を見通した進路の選択ができる力を身につけさせる。
      4. 生涯学習の基礎として、生涯にわたり自らの生活設計に主体的に取り組む態度を育てるとともに、進路相談ガイダンスの機能を生かす指導を行う。

  3. その他の活動
    1. 校区小学校と連携した「あじさい会」を毎月設け、地域社会・関係諸機関と連携を密にし、健全育成や非行防止運動を推進する。
    2. 各学年、長期休業中に希望生徒へ各教科の補充学習を行う。
    3. 教育予算のへの意識を高め、効率的な活用を図ることによって、より充実した教育活動への還元を図る。